ブログ

健康診断の結果の解説を受けて、気がつけば痩せていた!(その1)

ヘルシー・ハーモニーのメニューに、長年 糖尿病治療に関わってこられている内科の橋本医師による、「健康診断書の解説」と日常から簡単に始められる「食事相談(あなたにあった糖質制限方法)」があります。

そのメニューを受けてくださったAさん(40代 男性)から、

「橋本医師に言われたことを少し意識していただけだったのですが、気がつけば3kg痩せてました!」

と嬉しいご報告をいただきました。

15016180_1085972011501329_9076918907807142791_o

受けていただいた「健康診断書の解説」と「食事相談」のやりとりの一部を、みなさんに公開してもいいですよ。とご本人から許可をいただきましたので、一部ご紹介させていただきます。
みなさんの健康のために、お役に立てれば幸いです^^

 

——————————————–

50歳を間近に控え、健康診断の結果が気になりだしたAさん。
健康診断の結果ではじめて「B」の判定があり、少しご自身の身体について不安が出てきたとのことでした。
若い頃から運動もよくされていたので、身体に自身があったのですが、今回の健康診断の結果を見て、少し不安になったので橋本医師に相談に来られました。
一部のやり取りを、掲載しても良いということでしたので、何かご自身の健康に関して、参考にしていただければ幸いです。

健康診断

 

Aさん:
「今回の健康診断の結果の「HbA1c」という項目が「B」になっていたのですが、これは何を表しているのですか?」


橋本医師:

「HbA1c」は、糖を処理するすい臓の能力をみています。
今回数値が上がっているため、すい臓に負担がかかってきている可能性があります。
すい臓が疲れてきているからといって、皆が糖尿病になるわけではないのですが、ストレスが引き金となって、急激に糖尿病になる場合があるので、日頃から注意が必要です。」
(ちなみに^^  ストレス緩和にはビタミンCが効果的ですよ!^^ /)


Aさん:

「…(ちょっとショックな感じ)。
えーっ! 糖尿病ですか!? それは困るな!」


橋本医師:

「体重、腹囲、BMI、どれも2年前に比べて増加していますので、食生活や運動習慣の悪化が疑われます。」


Aさん:

「そういえば、昨年、営業部から管理部に異動になったから、歩くことが少なくなったんですよね…」


橋本医師:

「日常の食事で、どれぐらい甘いものを食べられていますか?」


Aさん:

「最近は、家族につられて夕食後に甘いものを食べるようになっていました」


橋本医師:

「まずは、甘いものを食べるタイミングを夜から、朝か昼のご飯の後に変えて見ましょうか。食べたくない時は無理に食べないでいいですよ。

他には、ご飯を減らして、野菜やたんぱく質、良質の油はできるだけ多く摂るようにしましょう」
ということで、早速日常で実践してみる!ということでした。

…つづく
「健康診断の結果解説」「食事相談(あなたにあった糖質制限方法)」について、詳しくはこちらをご覧ください。

▶︎ http://healthy-harmony.jp/health-checkup/

関連記事

ページ上部へ戻る