ブログ

【糖尿病塾】自分が病気になる気がしない!ってホント~?

時々診察室で、「私には糖尿病の合併症はでないと思います。」とおっしゃる方がいらっしゃいます。

けれども、私からみると現状では合併症がいつ出てもおかしくない危険な状態であることが多いです。

そこで、なぜそう思うのかお尋ねすると、大抵は「そうなる気がしない」というご返答です。

確かにありありとイメージできることは現実化しやすいです。

夢を実現するカウンセリングをする時には、未来がどういう現実になっているのか、具体的にイメージしていただきます。

 

では、どこに違和感があるのかというと、現在病気に一直線に進んでいる現状が繰り広げられている、

つまり日々病気になるための行動が選択され続けているのに、その結果病気にはなる気がしないという結論が出せることが矛盾しているのです。

自分の認識をごまかして分からなくさせているので、そこに大切なヒント(自分では絶対認めたくないような強い感情)が隠されています。

それによってその行動と病気とが、都合よく切り離されていて、自分が病気を選択していることが認められていません。

本当には認めていないところは、行動をそう簡単には変えられないのです。

 

なので、糖尿病をよくしたい!という表面的な望みは、中々現実化しないのです。

(ここはただ指摘されても、本人にはピンとこないことが多いのですが、セッションを通して様々な氣づきが重なってくると徐々に分かるようになっていきます。)

 

 

糖尿病塾では、あなたの心のパターンを変えることで、糖尿病を改善するお手伝いをしています。

糖尿病以外のご病気のご相談もどうぞ(^-^)

 

お気軽にお問い合わせください
tel:03-5379-5450

 

 

 

更に詳しく充実した内容はこちらでも発信しています!

関連記事

ページ上部へ戻る