ブログ

【糖尿病塾】糖尿病が気になりだした方へ①

① 糖尿病とは何か

・糖尿病とは、血液の中の糖分(血糖といいます)を処理するすい臓の機能が落ちることで、

血糖の処理が滞り、血糖値が上がり、様々な問題を引き起こす病気です。

② 健診の数値の変化にどんな意味があるか

・数年前と比べて、徐々に血糖値が上がってきていたり、体重が増えていたりするなら、

糖の処理能力が落ちている可能性があります。

たとえ現在は正常値でも、糖尿病へのカウントダウンが始まっていることをあらわしています。

・発症までにどれぐらいの猶予があるのかは、血糖を処理するすい臓の予備力と

すい臓にかける負担の量が影響するので個人差があります。

・糖尿病と診断された時点で既に、すい臓の糖を処理する細胞の半分が死んでいるというデータもあります。

・糖尿病予防は、早ければ早いほどすい臓の細胞が多く生き残っているので、少ない労力で結果が出しやすいです。

早い段階からちょっとした習慣を変え ることで、未来が大きく変わるのです。

③ 自分が糖尿病に向かっているかを調べるには

・会社の健康診断は終わりましたか?

健康診断の報告書や人間ドックの結果報告書が手元にある方は「HbA1c」か「血糖値」という項目を探して下さい。

その項目のデータが増えていたら糖尿病に向かっている可能性があります。

「HbA1c」という項目を例にすると6.0を超えると早めの対策が必要になってきます。

生活習慣を見直す必要があります。

【今日のポイント】

ヘルシーハーモニーでは共に変化する喜びを分かち合いたいと心から思っています。

諦めていた事であっても捉え方が変われば実際に変化が起こり始めます。

その心の変化をサポートするのも糖尿病塾の基軸です。

 

ヘルシーハーモニーは病気にならない(これ以上悪くならない)場所として運営しています!

関連記事

ページ上部へ戻る