ブログ

《糖尿病塾》糖尿病外来とさよならする日

患者さんと医師の一生のお付き合いになることも多い糖尿病外来ですが、残念ながら他の科をご紹介するケースもあります。

腎臓の機能が悪化して、優先的に腎臓の管理をしないといけない時です。

腎臓の機能が落ちたらどんなことが起こるのかなどをご説明します。

 

糖尿病外来をやっていて、一番残念でならないのが三大合併症の一つである腎臓の合併症が進んでしまった時です。

そうなると糖尿病外来から腎臓の専門外来へとバトンタッチする必要が出てきます。

 

最初は糖尿病の治療と血圧管理が治療の中心ですが、腎機能が悪化してくると様々な調整が必要になってきます。

一般的に腎臓外来に移るのが望ましいといわれる目安

→ eGFR(概算糸球体濾過量)が44(ml/min/1.73m・m)以下

 

糖尿病のコントロールの状態によっては、腎臓内科と糖尿病科の両方にかかる場合もありますが、腎機能が悪化すると大抵は糖尿病はずいぶん落ち着いてきますので、やはり腎臓内科のみで治療することが多いでしょうか。

 

更に詳しくはこちらをご覧ください

このメールサポートはメルマガを登録いただいた方に糖尿病を改善するための実践的な情報をお届けしています。

糖尿病塾メールサポートの中で発信する情報は

net検索で見付けられる一般的な情報ではない視点から切り込みます。

(あたり障りのない一般論は何処ででも探せます)

 

メルマガ申し込みで医師に直接相談が出来ます(たった1,000円/月)

 

詳細情報はこちらからどうぞ

こちらのページからお進みください。

《お申込み》

 

【購読申込み】ボタンをクリックしてください。

※単体の記事の購入は割高になりますのでマガジンにお申し込み下さい。

申込み以降の全ての記事が閲覧できます。

閲覧だけではなく、医師に具体的に相談が出来るので活用ください。

お気軽にお問い合わせください

 

tel:03-5379-5450

Line :@ive4290e

関連記事

Facebook

アクセス

店舗情報

[ 営業時間 ]
平日 10:00〜18:00
土・日・祝・研修日休み
 
[ 最寄駅 ]
新宿御苑駅 大木戸門出口 徒歩3分
 
〒160-0022
東京都新宿区新宿1-11-17 第二KSビル
03-5379-5450
 
[ 提携医療機関 ]
ピュアライフメディカルクリニック

ページ上部へ戻る